電話番号 045-989-1805

〒226-0018 横浜市緑区長津田みなみ台4-7-1
アピタ長津田1F

無料駐車場1500台 夜7時まで診療

緑区長津田の眼科なら宮崎眼科。アピタ長津田1F

糖尿病性網膜症

MobileSite SmartphoneSite

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症とは

眼底には網膜というカメラでいえばフィルムにあたる重要な膜があり、ここに多くの毛細血管が分布しています。原因を簡単に言えば、糖尿病を患っている方の血液は糖分を多く含み、粘性が高いため、毛細血管をつまらせたり、血管壁に負担をかけます。
そのために網膜に酸素や栄養分が不足し、網膜に障害が起こります。

糖尿病性網膜症の症状

糖尿病網膜症は大まかには3段階に区分されますが、第1、2段階ではほとんど自覚症状がありません。
第3段階になってようやく、軽度から高度の視力低下、ときに失明と症状があらわれます。
このように進行してからでないと症状があらわれにくいため、眼科の受診が遅れ、手遅れになる場合も多く、毎年糖尿病網膜症によって約3,000人もの人が失明しており、わが国の失明原因の第1位となっております。糖尿病を患っている方は、目に対しての自覚症状がない場合でも積極的に眼科に受診しましょう。

糖尿病性網膜症の検査の仕方

糖尿病性網膜症は糖尿病によって引き起こされる網膜の病気です。
網膜は目の奥部(眼底)にあり、瞳孔(瞳)を開かなければ網膜の状態を詳しく調べることはできません。
瞳孔を開いて目の奥を詳しく観察する検査を眼底検査といいます。
眼底検査は通常、散瞳剤(目薬)を使って行われます。
この目薬の効果で徐々に瞳孔が開きますが、検査ができる状態になるまでには20分~30分かかります。
瞳孔がある程度開いたら、詳しく網膜の状態を医師が観察します。
ただし、一度瞳孔が開くと調節力がなくなるため、検査後も4、5時間視界がぼんやりとしたり、光がまぶしくみえます。
時間がたてば必ずもとの状態に戻りますが、その間車の運転ができなくなります。

糖尿病性網膜症の治療法

第1段階では内科的な血糖コントロールが治療の第一です。それとともに止血剤や血管拡張剤などの内服薬を投与して、経過観察を行います。第2段階では新生血管の発生を防ぐために「レーザー光凝固術」を行います。この時期を逃さないことが、治療のポイントとなります。第3段階まで進行する外科的な硝子体手術が必要な場合もあります。硝子体の濁りや網膜剥離は60~70%が治りますが、完全な視力回復は難しいのが現状です。当院ではレーザーによる治療を積極的に行っておりますのでご相談ください。

Q糖尿病って怖い病気ですか?

糖尿病と主な合併症

A日本国内で糖尿病の可能性がある人は740万人といわれています。

糖尿病の初期では自覚症状がほとんどないため軽視されがちですが、血糖の高い状態がつづくことで、全身にいろいろな糖尿病の合併症を引き起こします。
特に、「網膜症」、「神経障害」、「腎症」は3大合併症といわれ、多くみられる合併症です。
合併症が進行すると深刻な状態に陥ってしまうこともあります。糖尿病は合併症が怖い病気なのです。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

Q.どうして、目が悪くなるのですか?

糖尿病と網膜症の関係

A.目の一番奥、眼底には網膜という神経の膜があり、多くの毛細血管があります。

糖尿病の患者さんの血液は、糖が多く固まりやすい状態になっているため、網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけて、眼底出血をしたりします。そのため、血液の流れが悪くなり、網膜に酸素や栄養素が不足し、これが糖尿病網膜症の原因となります。

進行した場合には、硝子体で大出血が起こり、失明に至る場合もあります。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

Q.糖尿病の目の合併症には、他にどのようなものがあるのですか?

糖尿病の眼の合併症が起こる場合

A.高血糖による末梢神経障害および代謝異常などにより、糖尿病網膜症の他にもさまざまな合併症が起こります。

失明につながる白内障、血管新生緑内障の他に、黄班症、屈折・調節異常、角膜障害、虹彩・毛様体炎、外眼筋麻痺、虚血性視神経症などがあります。
合併症の中には、通常であれば角膜障害のように激しい痛みを感じるものもありますが、末梢神経障害を起こした糖尿病患者さんでは痛みを感じない場合があり、治療が遅れてしまうことがあります。

早期発見をし、進行をくい止めるためにも、眼科での定期的な検査は大切です。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

Q.糖尿病網膜症になると失明するのですか?

A.糖尿病網膜症になったからといって、すぐに失明するわけではありません。

糖尿病網膜症は、網膜の状態などから進行の段階が3つに分けられます。

単純網膜症から増殖前網膜症の段階ではほとんど自覚症状がないため、初期の段階で患者さん自身が目の異常に気がつくことは困難です。

このため、眼科で定期的な検査を受けることが大切です。

Q.糖尿病網膜症で失明する人って、どのくらいいるのですか?

視覚障害の原因のグラフ

A.糖尿病網膜症で視覚障害者になる人は、年間3,000人にのぼるといわれています。

日本国内で、失明を含めた視覚障害の原因としてもっとも多いのは、糖尿病網膜症です。
生まれたときや小さいときに失明してしまった人は、視覚以外の情報を活用して生活する方法を身につけています。

しかし、糖尿病網膜症のように人生の途中で失明してしまう中途失明は、肉体的にも、精神的にも状況を受け入れることが難しく、日常生活の質が極端に損なわれることになります。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

Q.糖尿病網膜症の治療には、どのようなものがありますか?

A.以下のような治療があります。

血糖コントロール

単純網膜症では、血糖コントロールによって、眼底出血が改善することもあります。

また、他の治療の効果を十分なものにするためにも、血糖コントロールが不可欠です。

レーザー光凝固術

レーザー光凝固術は、網膜にレーザーを照射して、新生血管の発生を防ぐ方法です。

また、出血や白班も治療できます。この治療で視力が回復するわけではありませんが、網膜症の進行を阻止することができています。

  • 外来通院で治療可能です
  • 点眼麻酔をして、1回15~30分程度の時間で終了します
  • 進行の段階によって、数回に分けて治療します
硝子体手術

新生血管が破れて硝子体に出血を起こす硝子体出血や、網膜が眼底から剥がれる網膜剥離が起きた場合には、硝子体手術が必要となります。

眼球内の圧力を保つために灌流液を注ぎながら、吸引カッターで硝子体内の出血を吸い取ったり、剥がれた網膜を元に戻したりします。眼内は暗いので、照明ファイバーで照らしながら手術します。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

Q.糖尿病網膜症で失明にならないためにはどうしたらいいですか?

A.

1.血糖コントロールをつづけましょう。
治療の基本です。
2.糖尿病といわれたら、必ず眼科で検査を受けてください。
自覚症状では目の状態はわかりません。眼科では血管の状態を詳しくみるための精密眼底検査を行っています。
3.定期的に眼科の検査を受けましょう。
定期的な検査を受けることによって、適切な時期に適切な治療を受けることができます。
4.眼科で行った検査結果は、糖尿病眼手帳などに記録してもらいましょう。
自分の目の状態をしっかり把握することができます。

白内障や緑内障など、他の目の病気がある患者さんは、医師と相談して検査の頻度を決めましょう。

Pageの先頭に戻る